歯医者でホワイトニングを行い笑顔美女になろう

歯の着色が気になるという方が増えています。
歯は加齢によって、だんだんと黄褐色へと変色していきます。
加齢だけでなく、お茶・コーヒー・赤ワイン・カレーなど色素の濃い飲食物や、タバコによるヤニなども歯の着色汚れの原因です。
そのほか、歯垢や歯石の蓄積、虫歯、神経がない歯、歯の表面のエナメル質の形成不全、研磨剤が入っていない歯磨き粉などが原因で、歯が着色してしまうこともあります。

歯の着色汚れが気になって人前で話すのをためらってしまったり、前歯の着色が気になる場合は人前で笑ったり口を開けたりするのもいやという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ホワイトニング効果があるとされる歯磨き粉を使っているけれど、なかなか効果が現れない、という方も多いようです。
歯の着色のせいで笑顔美女になれない方におすすめなのが、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングです。

オフィスホワイトニングでは、初めに歯の表面の着色汚れや歯石を除去するクリーニングが行われるため、薬剤であるホワイトニング剤が浸透しやすくなります。
ホワイトニング剤として使用されるのは高濃度の過酸化水素ですが、高濃度の過酸化水素は歯科医師免許を持っている歯医者のみが使用できるため、短期間でより高い治療効果を得ることができます。

歯科医院では歯のクリーニングや薬剤を塗布した後、治療効果を高めるために光を照射させます。
照射される光は歯科医院によって違いがあり、一般的には歯の治療で詰め物を固める際に使用される光が使われますが、紫外線やLEDライトを使用している歯科医院もあります。
薬剤や照射される光によっても変わってきますが、1回30分~2時間程度で、治療効果を見ながら数回通院することが多いようです。

最近ではオフィスホワイトニングに加えて、自宅で行うホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングという方法も取り入れられています。
歯医者で作ったマウスピースに濃度の低い薬剤を入れて、毎日決められた時間マウスピースを装着するのがホームホワイトニングです。
マウスピースの製作や薬剤購入などで費用は高くなってしまいますが、自宅でもホワイトニングができるため歯の色戻りが少なく、効果が持続することがメリットです。

ホワイトニングが難しい歯には、入れ歯やインプラント治療を進められることがあるかもしれません。
歯医者の説明を聞き、十分に相談し納得した上で、入れ歯またはインプラント治療を選ぶと良いでしょう。

歯科医院には虫歯や歯周病の治療の時しか行かないという方もいらっしゃるかもしれませんが、美容歯科として歯のホワイトニング治療を行っている歯科医院もたくさんあります。
歯の着色汚れが気になる方、キレイな白い歯の笑顔美女になりたい方は、まずは歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。
東京や大阪の様な大都会で生活されている女性にとって白い歯というのは大切なものです。
笑顔一つで魅力が大きく変わります。
東京や大阪で歯のホワイトニングを受けたいという女性は年々急増し、今では美容に欠かせない要素になりつつあります。
日頃の口腔ケアも含めて相談をしに行くのは大切なことです。