妊娠中のホルモンバランスと美容院の対応

女性の体調は妊娠していたり、赤ちゃんに授乳しているときには、かなり変わることがあります。
女性ホルモンが乱れて、その結果ホルモンバランスが崩れて、頭皮がかゆくなったり、抜け毛が多くなる人もいます。
個人差はあるものの頭皮のコンディションがとても不安定になってしまいます。

そんな体調の中で白髪を染めるのは頭皮に負担がかかります。
妊娠中でなければ症状がないのに、妊娠中だと頭皮がかぶれることがあります。
これが引き金となりアレルギーの症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

妊娠中や授乳中には髪を染めたりしないほうが頭皮の負担は減りますので無難です。
とはいえ白髪が気になるのは妊娠中でも変わらないので染める場合は美容のプロに任せるなど頭皮にあまり負担がかからない染め方にするのが良い方法です。

美容院ではヘナカラーやヘアマニキュアなど頭皮に負担がかからない白髪染めをしています。
しかし、つわりなど体調が優れない際には美容院に行くのは避けるべきです。
市販のカラーリングを使って自宅で染めるのは頭皮に負担がかかるので避けたほうが無難です。

しかし自宅でどうしても白髪染めをしなければならないときは、頭皮や髪を傷めないトリートメントタイプの白髪染めを使うほうが良いです。
比較的、刺激が少ないので妊娠中や授乳中でも使うことができます。
比較的、簡単にむらなく染めることができるうえに、トリートメントの効果で髪に艶が出ます。

しかし妊婦中や授乳中は、女性ホルモンの乱れで体調を崩しがちです。
アレルギーを起こすことがないように、使う前にパッチテストが必要です。
自分の体調を充分に見極めて、無理をしない範囲で白髪染めをする必要があります。